もうけるヒケツ!株式と債券どっちがトクする?

ちわっす豊作なすびっす。

株式と債券って何がどう違うのか分かりにくいですよね〜。違いが分かんないからどっちに投資すればいいかも分からない・・・という方へ。今日は株式と債券の違いと、注目するポイントについてざっくり書きます。あとどっちがトクするかも少しだけ書きましょうか。

違いを理解するにはバランスシートから

はっきり言って一番違いが分かりづらい。けどバランスシートを勉強したらすぐに分かりました。ちなみにバランスシートは貸借対照表とも呼びます。

 

バランスシートは決算書の1つです。こんな感じ。

f:id:hosakunasubi:20170512230639p:plain

株式と債券の理解のために、もんのすごい簡略化しています。左側が資産で「集めたお金と集めたお金で買ったもの」、右側の上が負債で「借金で集めたお金」、右側の下が純資産で「出資で集めたお金」です。

 

実際は会社の利益も純資産に含まれます。全身全霊で簡略化しているので、この図を鵜呑みにしないでくださいね。勉強したい方は自分で調べてください。ちなみに、左右の金額の合計が同じになるので、バランスシートと呼ばれます。

 

勘のいい方はすでにここでお気付きかもしれませんね。

 

違いはそのお金の位置付け

上のバランスシートでは、実は企業がお金を集める際のお金の位置付けが書いていましたね。「出資」か「借金」かです。

 

「出資」とは「資本を出す」と書くとおり、お金を差し出します。差し出したお金をもとに企業が利益を出したら、その利益を配分してもらう権利を得ます。端的にいうと株主になって、その会社のオーナーになるということですね。

 

あれ、株主?ということは、、、そうなんです。株式を購入するって、その企業に出資しているってことなんです。なので、株価の値上がり値下がりがあるし、利益の分配である配当金を受け取ることができるということなんですね。

 

ということは、もうさすがにお気付きですよね。もう一方の「借金」が債券ということになります。「借金」とは文字のとおり「お金を借りる」ことです。お金を借りたら、利息を含めて貸した人に返さなくてはいけません。その利息分が金利ということなんですね。金利の上げ下げによって債券の価格も上下します。

 

どっちがトクするの?

はっきり言いましょう。株式の方が得します

債券って「借りたお金返して利息分も払うね」という証明書です。100万円分の債券を買っても100万円しか返ってこないです。利息が2%なら年に2万円増えるだけです。債券の価格が上下するとはいえ、株式ほどではありません。

一方、株式って「出資してくれたから利益出たらお金分けるね」という証明書です。100万円出資した企業が利益を出したら、配当金をもらえます。今は大体3%の配当利回りなので3万円ですね。そしてなにより株式の価格は、利益が増えるにつれて上がります。上がり続けます。債券の比にはならないくらい上がります。圧倒的です。

もちろん株式にもリスクがつきものです。無知なまま手を出すと痛い目に会いますが、しっかり勉強したら間違いなく株式の方が得をするでしょう。みなさん、勉強しましょうね。