保険で「資産運用」?もっと大事な保険の役割

f:id:hosakunasubi:20170617110025p:plain

ちわっす豊作なすびっす。

 

突然の質問ですが、みなさんは保険に入られてますか?入っている方は何の目的で保険に入られていますか?

 

この質問を聞かれてさっと答えられる人はあんまりいないです。なぜなら、「保険って皆が入っているから入るものなんだろう」と考えてしまうからです。同調圧力的って時として厄介ですよね。

 

しかし、「何で保険に入るのか?」は明確にする必要があります。保険に入る目的が曖昧だと、必要以上に保険料を支払ってしまう可能性があるためです。保険費用は固定費なので、できる限り削減したいですよね。

 

そこで保険の目的として挙げられるのが「資産運用」です。確かに長期的に保険料を支払って、ある一定期間を払い続けたら支払った総額以上のお金が返ってくる仕組みを作るのは全く悪いことではありません。

 

でも保険の本来の目的って資産運用でしたっけ?

 

この問いは一考の余地があります。資産運用が目的であれば、他に手段がたくさんありますよね。「投資信託・株式・不動産などがある中で、なぜ保険を選択するのか?」も明確にしておかないと、「保険料を他の投資手段に使用した方がいいのではないか?」と考えるようになります。保険は安全に長期投資をするには最適な手法なので、老後の資産形成のためなど目的を置けるといいですね。

 

しかし、保険にはもっと大事な役割があります。それは、「人生のリスクへの備え」です。これを抜きにして保険は語れません。

 

生命保険は、ある人が亡くなった時にその人の生計で生きている人が最低限の生活を営んでいけるように必要なものです。そもそもその役割を持っていないと保険とは言えません。

 

話を戻すと、人生のリスクへの備え」の役割を持った保険にオプションとして「資産運用」の役割が入るのはとても良いです。しかし、「資産運用」がメインでオプションとして「人生のリスクへの備えが付いてますよ、という保険は最悪です。そんな保険はなくてもいいです。

 

保険には保険にしかできない役割があるので、「保険を自分がどう使いたいのか」を明確にして保険に入ることが重要なのです。