豊作なすびの稼ぎ方改革

 豊作なすびの稼ぎ方改革

     稼ぎ方を学んで人生を豊かに。学んだ稼ぎ方を発信して豊かさを連鎖に。

MENU

【リアルレポート】投資用マンション@秋葉原の毎月の収支を公表

なぜ毎月の収支を公表するのか

最近、不動産価値の下落リスクや金利の上昇リスクをよく耳にするようになりました。

Yahoo!の記事を見ていると、「不動産投資はリスクが高いので、しない方がいい」という旨の記事をよく見かけます。

 

しかし、世間で騒がれているほど、不動産投資のリスクは高まっていません

むしろ、インフレが加速している今、不動産に投資しないことへのリスクの方が高まっています

 

それでも、不動産投資は金額が大きいだけに、様々なリスクを理由に躊躇する人が多いように思います。

 

そこで、私が実際に所有している投資用マンション@秋葉原の毎月の収支を公表することで、「そんなにリスクはない」ということをお伝えしようと考えました。

 

その前に、最近のマンション情勢について、簡単に触れておきます。

首都圏・近畿圏の新築マンション価格の推移

下のグラフは首都圏と近畿圏の新築マンション価格の推移です。

首都圏の新築マンション価格(青)は右肩上がりで伸びています。

一方、近畿圏の新築マンション価格(ピンク)はあまり変わっていません。

f:id:hosakunasubi:20170717112856p:plain

↓↓詳細はこちらから↓↓

www.fudousankeizai.co.jp

 

物の値段は需要と供給の関係から決まります。マンション価格も例外ではありません。

首都圏では需要が供給を上回っており、近畿圏では需要と供給のバランスが取れているということになります。

 

私が購入した秋葉原の物件情報

そんな中、私は下記のような条件で投資用マンション1室を購入しました。

<物件情報>

 ・JR秋葉原駅から徒歩3分

 ・鉄骨鉄筋コンクリート

 ・築14年

 ・地上12階

 ・1K(22㎡)

 ・物件購入価格2330万円

<融資ローン>

 ・投資用住宅ローン35年

 ・変動金利1.95%

 

投資用マンション@秋葉原の毎月の収支

・家賃収入:91,164円

・返済元金:41,254円

・約上利息;31,811円

・管理費等:10,920円

・残金:7,179円

 

毎月7,000円、毎年84,000円が貯まっていきます。

低リターンではありますが、都内のマンションは空室リスクが圧倒的に低いため、低リスクでもあるのです。

 

さらに、繰上げ返済を行うことで、ローンを組み替えることが可能になります。

すると、金利をさらに下げることが可能になるので、残金を増やすことができます。

 

もし1室で10,000円の残金があれば、20室で200,000万円の残金になります。

月に20万円の収入があれば、かなり楽になるのではないでしょうか?

 

不動産投資は世間で言われているほど、リスクが高いものではありません。

確かにリスクはありますが、リスクばかりに目を奪われず、リターンにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事です。不動産投資におけるリスクはこちらの記事にまとめています。

他の投資に比べて金額が大きいだけに、失敗しないための事前準備が大事になります。

hosakunasubi.hatenadiary.jp

 

不動産をいくつか所有するようになったら、法人設立による節税をおすすめします。

この記事では、なぜ法人設立が節税になるのかを解説しています。

hosakunasubi.hatenadiary.jp

 

不動産投資をしている資産運用男子は、将来のことを中長期的に考えています。まさに結婚相手にぴったりと言えます。

hosakunasubi.hatenadiary.jp