豊作なすびの稼ぎ方改革

 豊作なすびの稼ぎ方改革

     稼ぎ方を学んで人生を豊かに。学んだ稼ぎ方を発信して豊かさを連鎖に。

MENU

10週間続けて分かった、初心者がFXで陥りがちな3つの症状

f:id:hosakunasubi:20170719225405j:plain

FXを始めてから早いもので10週間が経過しました。

最初の頃は、ビギナーズラックでいきなり2,000円ほど儲けて、調子に乗っていたことを思い出します。

hosakunasubi.hatenadiary.jp

 

そして、毎週振り返りを行い、徐々にFXで儲けるコツが分かってきました。

同時に、FX初心者の方であれば、誰でもが陥るであろう症状も分かってきました。

 

今回は私も陥った3つの症状をご紹介します。

今思えば、FX入門書に書いていましたが、見事に引っかかってしまいました(笑)

 

①経済指標発表前やイベント前に、当てずっぽうでポジションを持ってしまう

初心者ほど大きく利益を得て「おれ、天才かも!?」と思いたがります。

私もそうでした。

 

大きく値が動きそうな時ほど、ポジションを前もって持っていました。

もちろん当たる時と外れる時はありますが、当たった時には大きく利益が出ます。

パチンコに似た快感なんですよね。言ってしまえば、ギャンブルです。

 

これをすると何が悪いかって?

 

利益が積み重なっていかないんです

 

当たる時と外れる時があるということは、プラスとマイナスが相殺されます。

大きく値が動いた方にポジションを持っていたとしても、そのプラス分はトータルでなくなってしまうのです。

 

大きく値が動くような経済指標の発表やイベントの前には、ポジションを取らないことをおすすめします。

動き出してからポジションを持っても、全く遅くはありません。

 

②上がってる時にロング(買い)、下がってる時にショート(売り)を入れてしまう

これは最も初心者が陥りやすい症状ではないでしょうか?

 

私は株もしているので、上がってる時に売りを入れ、下がってる時に買いを入れる癖はついているつもりでした。

 

しかし、FXは値動きが予想以上に早く、焦って追随しようとしてしまいます。

また、トレンドとは逆のポジションを持つことが怖かったのだと思います。

 

しかし、そうしてしまうと、利益を得る確率が減ってしまいます。

 

FXには、「反発」「反動」があります。

急騰すればあるところで反発して戻る、急落したらあるところで反発して戻るのが基本なのです。

 

なので、もし値が上がっている時は、上がっているところをロング(買い)ではなく、上がり切るのを待ってから、「反発」「反動」するところでショート(売り)をおすすめします。

 

そうすることで、より確実に利益を得ることができるのです。

 

③もっと利益が出ると思い込み、買い時や売り時を逃してしまう

これも初心者特有の症状です。

 

初めの方は、利益が出ることがとても嬉しいです。

利益が出るのであれば、より大きい方がいいと欲が出てしまいます。

 

結果、利益確定するのを先延ばしにしてしまい、買い時や売り時を逃してしまうのです。

 

私もよく買い時や売り時を逃してしまい、悔しい思いをしてきました。

しかし、ある時気付きました。

 

FXで最大の利益を得ることはまず無理だ、と

 

そう考えるようになってからは、ある程度まで含み益が出たら利益確定するようになりました。

 

今では心に余裕を持って利益確定することができます。

精神衛生上は、こっちの方が良いですね。

 

誰でも経験する症状

上記3つの症状は、人によって程度の差こそあれ、FX経験者なら誰でも経験する症状だと思います。

 

大事なことは、症状に気付かないフリをするのではなく、症状に気付いた段階でどう対処するのかを考えることです。

 

症状と向き合う

 

今後も、この言葉を大事にしてFXをしていきたいですね。

 

関連記事です。

大きく値が動く経済指標発表やイベントの前にポジションを持っていた時期の話です。

この頃から、損がかさみ出し始めました(笑)

hosakunasubi.hatenadiary.jp 

hosakunasubi.hatenadiary.jp

 

 為替について説明した記事です。投資初心者でもわかるようにFXとは何なのか、というところから解説しています。私が使用している羊飼いさんの本も紹介しています。

hosakunasubi.hatenadiary.jp